<   2007年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

8月は

忙しくなりそうです。来週末からはトルコに1週間旅行に行き、その後は寮から新居に引っ越しです。今のとこは駅から20分くらいかかるし、急行も止まらない感じだったんですが、次引っ越すとこは駅から6分、急行も止まるし名古屋へのアクセスは良くなりそうです。これでまたライブとか行きやすくなるな!ただ周りはかなり田舎で田んぼがあったりするんで、先輩からはからかわれていますが・・・。

引っ越しということで、色々物欲がそそられているんですが、とりあえず洗濯機、ベッド、CDラックを買おうと考えています。洗濯機も最近は乾燥機付きのいいのがあって、これを使えば楽々洗濯も出来るなとか贅沢な考えでいます。マットレスは東急ハンズで見たマニフレックスが気になってます。試しに寝てみたところ堅めの高反発で好感触だったんですよね。CDラックはいっぱい入れられるDinosのがずっと欲しかったんで念願を叶えようかなってかんじです。でもやはりお金がかかりますね。貯金が切り崩されていきそうです・・・。
e0003783_019955.jpg

他にもiMacが新しいのに変わってて、これがまたかっこいい!アルミ筐体のすらっとした印象に薄いキーボード。スタイリッシュでクールですよね。今はちょっと無理だけど、Leopardが出たらまた物欲が増してくるんだろうな。
e0003783_08242.jpg


今週末は急遽くるりのコンサートに行くことになりました。ワルツを踊れが素晴らしすぎるので、ほんと楽しみ。くるりのワンマン行くのも久々だし、初のホールでどんな見せ方をしてくれるのも楽しみだな!

今日の1曲 「ハヴェルカ」 くるり
[PR]

by s_kita212 | 2007-08-11 00:04

SETSTOCK 07' part2

遅くなりましたが、音楽編。

7/22、会場には思ったより早めに着いて9:30くらいには駐車場へ。そこからパークアンドライドで会場へ向かうとすでに長い列が。会場は11時からだから当然ですよね。空はどんよりとしてるけど、何とか持ちこたえていて、庄原の自然を十分感じられた。田んぼとか藁葺き屋根の民家や紫陽花や蓮の花を見ながら和みつつ、いざ会場へ。

会場に着くともうすでに大きいステージ、East Stageの前の方は人でいっぱい。たぶんRADWIMPSのファンなんだろうなーとか弟と話しながら、後ろの方で座ってオープニングを迎えることにした。East StageのオープニングはCaravan。名前も知らなかった彼らだったけど、広島の庄原の空気には良く合ってた。最初の曲はWagon。YUKIのカバーって思ってたけど、四日市に帰って調べたら曲をYUKIに提供したみたいです(詞は共作らしい)。この曲、joyの中でも好きな曲だったし、Caravanの優しい歌声もいい感じで和めました。2曲目は「ハミングバード」。この曲はシングルだったから知ってる人も結構いたんじゃないかな。YUKIのPV集持ってるんですが、このPVは何人ものYUKIが出る感じの変わったのでインパクトあったんで良く覚えてました。Caravanのアレンジも良くて、あーいいライブ来たなって感じでした。3曲目の新曲は知らなかったけど、今度Caravanもちゃんと聞いてみたいなと思いました。

オープニングが終わると、やたら声の良い司会の人の紹介で、ダイノジがエアーギターやってました。これだけ大きいステージでやるのも難しいとは思うんですが、無難に笑わせてました。エアーギターより、個人的にはこじんまりとしたDJで色んな曲かけながら踊ってる方が良いなと思います。。というのも去年のRIJの彼らのDJが良かったからなんですがね。広島にもDJあったらおもしろいんだろうけどなー。

司会の紹介のあと、まずはRADWIMPS。会場に着く前にグッズ売り場に行ったんですが、そこでRADWIMPSのグッズ売り場に異常なほど長い列が出来てたんで、彼らはここ最近すごい人気なんだなっての改めて分かりました。個人的には後ろから見ていたのもあったし、音もちょっと微妙なとこあったんであまり盛り上がれなかったんですが、有心論とかは普通に良かったかな。去年のRIJでは小さいステージでかなり盛り上がったんだけど、ここまで人気が出ると逆に冷めてしまった自分がいました・・・。

2番目は小さいステージのWest Stageでビークル。相変わらずのお下品なトークにぐっと上げてくれるビート。知らない曲も多かったですが、やはりビークルはいい感じに盛り上がっていいですね。

3番目は大きいステージのEast Stageで木村カエラ。SETSTOCKは大きいステージと小さなステージを行き来するのもまた楽しいのです。カエラは髪短かったな。たぶんこんな髪型似合うの彼女くらいなんじゃないかなってくらい独特な感じの髪型でした。唄はキュートで、Beatや他の曲も意外と良くて、結構引き込まれた感じでした。

4番目は忍+我龍を少し見ました。広島のアーティストらしいんだけど、和太鼓の人は格好良かったです。彼が法被を脱いでたときはやたら歓声が上がっていたような。

5番目はHY。手紙くらいしか知らなかったけど、相変わらず盛り上げるのがうまい。そして女性ボーカルNAOの声がすごく上手で気持ちいいです。あらためて思ったけど「手紙」は名曲ですね。

HYを少し早めに切り上げて、West StageのSalyuへ。少し早めに行ったおかげで大分前の方で見られました。こんな近くでSalyuを見れるのはたぶん初めてだと思う。まずはその時点で感動してたんだけど1曲目から「彗星」でやられました。彗星は野外にあう曲ですよね。あと、Salyuが少し痩せてかわいくなってた気がする。CDJの時はちょっと化粧が濃かった感じだったんですが、今回はさっぱりしててかわいかった。間近で見られたのもあったかもしれませんが。「風に乗る船」はAcoustic版でこれも良かったです。前もこのブログで書いた気がするけど、AcousticだとSalyuの歌声が良く聞こえるし、生き生きとして耳に入ってくるのでいいですね。他には「トビラ」「Tower」「name」などをやってくれました。

Salyuの熱気冷めぬまま次はウルフルズへ。ウルフルズの時はEast Stageも大分人でいっぱいになってて、盛り上がりもいい感じになってきてました。個人的にウルフルズは初めてだったんですが、やっぱいいですね。選曲もはずさない感じで、「ええねん」「バンザイ」「サムライソウル」や最近のCMの唄「泣けてくる」などヒット曲満載。Sun Sun Sunおてんとさまさま、ってサビのSun Sun Sun'95とか昔好きだったから聞けて嬉しかったです。でもこの曲出たのってもう12年も前なんですね。。そして最後は「ガッツだぜ」で締めるなんて憎すぎです。ウルフルズのライブっていいですね!

次はタイムテーブルでの空き時間。楽しみにしていたシークレットということで誰なんだろうと色々妄想。ステージにはギター一本と椅子が。これはもしやOTさんの股旅かーとかわくわくしてましたが、なんと出てきたのはレミオロメンの藤巻さん。茜空と新曲を弾き語りでやってくれました。彼は弾き語りもいいですね。ちなみに藤巻さんは今年の夏はチャレンジする!ということで、弾き語りやったみたいです。今後もたまには聞いてみたいですね。

RIP SLYMEも実は初めてだったんだけど、これもまた盛り上がったな。JOINTや楽園ベイベー、UNDER THE SUNとか夏に合う曲満載。後ろの方で少し踊りながら、タオル振りながら盛り上がれました。

斉藤一義は少し休ませて貰って、最後はレミオロメン。彼らも外しませんね。今となっては代表曲といっていい「粉雪」「3月9日」もちゃんとやってくれました。特に3月9日でライブが終われるってのは余韻が残っていいです。他にも南風とかStand by meとかさわやかな曲もやってくれたり、最後にレミオってのもいいセレクトですね。

ではここで1日目終了。長くなるとは思ったけど、1日目でこれだけかかるとは・・・。

今日の一曲 「とび魚のバタフライ」 チャットモンチー
[PR]

by s_kita212 | 2007-08-02 23:39 | music