タグ:RIJ ( 8 ) タグの人気記事

Photo of Rock In Japan Fes 2010

iPhone4で撮った写真を記念に。
e0003783_114145.jpg

e0003783_115880.jpg

e0003783_12996.jpg

e0003783_121931.jpg

e0003783_123294.jpg

e0003783_124323.jpg

e0003783_125550.jpg

e0003783_13612.jpg

e0003783_131722.jpg

e0003783_14124.jpg

e0003783_14156.jpg

e0003783_142477.jpg

e0003783_143336.jpg

今日の1曲 「survival dance」 trf
[PR]

by s_kita212 | 2010-08-22 01:08 | music

ROCK IN JAPAN

明日四日市から出発し、金曜からの3日間行ってくる予定です。Twitterでつぶやきたいとも考えてますので、よければ右下のところにあるブログツールからのぞいてみてください!あー楽しみだ!!

今日の一曲 「夜明けのBEAT」フジファブリック
[PR]

by s_kita212 | 2010-08-05 02:05 | music

Summer fes. 2009

久々の日記です。
今年はRock In Japan Fes.とコヤブソニックに行ってきました。
やっぱ夏フェスいいっすね。最近はフェス行かないと夏が始まらないみたいな感じになってきました。

色々良いアーティストに会えたけど、特に良かったのをちょっとだけ書きます。

まず、思いがけず良かったのが「のあのわ」。
空き時間があったので、新しく出来たSeaside Stageを見に行ったんだけど、木村カエラを聞くのも諦めて結局最後まで見てしまいました。曲の感じはちょっとYukiっぽくて、声はsalyuにも似た感じ。それでいてロックな音楽。つぼでした。

興味のある人はこの動画を見てみてください。「ハク」って曲なんですが、これ聴いて鳥肌がたちました。チェロ、キーボード、ドラム、ギターやすべての音楽の力強さにボーカルの声の力強さが素晴らしいです。まだ今年の2月にデビューした新人みたいですが、これからが楽しみですね。

次はやっぱりトリを飾った「ユニコーン」。
再結成して出来た「WAO」「ひまわり」とかも良かったけど、あの「大迷惑」「すばらしい日々」「服部」「ひげとボイン」など過去の名曲を生で聞けたのは嬉しかった。ユニコーンはすごいバンドですね。

あとは2日目のトリだった「サカナクション」
1曲目の「Ame」から会場の雰囲気は異常に高く、まるでクラブ風なステージ会場(クラブ行ったことないですが・・)でグルーブ感たっぷりのサウンドに気持ちよく包まれることが出来ました。サカナクションで一番の名曲と思う「セントレイ」では緑色のきれいな照明も感動的でした。アンコール含め最高だったな〜。

他にも、フジファブの「All right」では思う存分Yeahと叫べたし、GRASS STAGEに行く途中で見れたAPOGEEでは気持ちのいい「夜間飛行」が聴けたし、久々にアジカン聴いて踊れたし、グループ魂で笑えたし、Superflyでは「愛を込めて花束を」も聴けたし、朝から仕草が格好良すぎる矢沢見れたし、美味しいビールが飲めたし、佐世保バーガー美味しかったし、、、とまあ楽しい思い出が色々出来ました。RIJは遠いけど行く価値ありますね。9月はWOWOWも契約したんで、ライブ映像を見るのも楽しみです♪

コヤブソニックではとにかく夕日が綺麗だったのが印象的だったけど、次に印象的だったのは「小泉今日子」かな〜。「学園天国」「あなたに会えて良かった」も聴けたし、大学の頃よく先輩が聴いてた「渚のハイカラ人形」も聴けたんで嬉しかったな〜。このフェスは漫才が見れたり、こじんまりな感じはあったけど、のんびり楽しめて良かったです。

ROCK IN JAPAN
e0003783_1283528.jpg
e0003783_1284633.jpg
e0003783_1285482.jpg
e0003783_129276.jpg

KOYABU SONIC
e0003783_129987.jpg
e0003783_129182.jpg
e0003783_129267.jpg


来年はどんなフェスに行こうかな〜

今日の1曲 「ゆめの在りか」のあのわ
[PR]

by s_kita212 | 2009-09-05 01:21 | music

ROCK IN JAPAN FES. 2006 Part.2

今回は見た順にちょっとだけコメントしていこうと思います。

8月6日(一日目)
1.RHYMSTER
会場に着き、ちょっと時間もあったので、いきなりビールでも飲んでると(いきなりかい!)、RHYMSTERの威勢のいいラップが聴こえてきたんで思わずレークステージに入って楽しんでしまった。けしからんを連呼してたら、Scoobie Doが出てきたりしてなかなか楽しかった!We Love HIP-HOP!

2.DEPAPEPE
彼らのさわやかなギターサウンドに3曲ほどお目にかかれた。Forest Stageがこんなに合うのはDEPAPEPEを置いていないんじゃないかな。

3.Salyu
まず一番最初のお楽しみ。もうほんと最近はSalyuの歌声に癒されてるし、一番聴いている。野外ライブで一度は見てみたいとずっと思ってたんで、念願かないこの上ない幸せ。風に乗る船、Towerと最近の爽やかで気持ちのいいシングル(どちらもポスターを持ってたり)を歌った後、「大事な曲を歌います」との紹介の後「Valon-1」。これが今まで聴いたことなかったくらい良かった!暑い暑いひたちなかの中で、なんか初めてレークステージに風が吹いたというかちょっとひんやりと風を感じることができた。やはりこの曲は特別だ。RIJでこんないい気分にさせてくれるSalyuはやはり最高!

新曲の「name」も良かった!この曲はかなり名曲の予感大。9月にDVD付きで出るようなんで早く予約しとかないと!最後は「to U」で締め。桜井さんとのコラボも好きなんだけど、個人的にはSalyu単独のver.が好きなんで、これをこのフェスで聴けて嬉しかった。「だけど強くて」の部分の高音はすごくいいです。こんな声出せる歌手ってあんまりいないんじゃないかな。くるりの岸田さんが言ってた「天にも昇るよう」ってのはここの部分とかで僕も共感しました。くるりとのコラボとかもあるといいっすね!

あと、Salyuちゃんと目が合ったような気がして個人的にはすごく大満足でした。なんかこっちを見てる時が多かった気がして、とても嬉しかった!かなり勘違いな感じもしますがね。でも好きな歌手と目が合ったと感じるのは誰しも嬉しいことじゃないかと思います。

4. DJ OZMA
GRASS STAGEに移動するとDJ OZMAの楽しそうなMCが聴こえてきた。唯一知ってる純情とアゲアゲが聴けて楽しかった。とりあえず純情ではタオル振ってきました!あと、アゲアゲは全然踊れなかったけど、周りの人が踊ってるのが楽しかった。みんななんでこんなに踊れるの?

5. KREVA
もうこの頃が一番疲労のピークだった。夜行バスで来て12時間の移動時間があったのに加えて、この炎天下。でもとりあえずGRASSの気持ちいい芝生に腰を下ろし、ゆっくり楽しむことができた(不覚にも途中昼寝しちゃいましたが・・)。最後の音色、スタート、イッサイガッサイはあたりで復活しました。こんな曲が聴けてやはりRIJは最高!

6.DJ ・・・ダイノジ
これがほんと楽しかった!m-floの「come again」が流れてるのにも関わらず、行ったんですが、ちょうどナンバガの「NUM-AMI-DABUTZ」が流れてきて、会場は既にのりのりでし、。それからくるりやアジカンとかドーパンとか楽しい歌ばかりで盛り上がったわー(全部メガネだし)。個人的にはフジファブリックの「銀河」が一番楽しかった!これに振り付けするとこんなんになるのか!といった奇妙なダンスをダイノジがやってて、それを皆が真似するといった感じで、これが奇妙な一体感を生んでました。結局最後までDJ見てました。

7.平井堅
しゃべりはそこらにいる兄ちゃんなんだけど、歌はうますぎ。ギャップがすごい。ほんとこんな歌うまい人いるんだなーと今更感動しました。瞳を閉じて〜

8.RADWIMPS
ハヤシのDJをちょっと見て、PUFFY流れてるな〜とか思いつつ、RADWIMPSを20分待ってました。入場制限かかったみたいだし、結構いいところで見れたのでよかったけどね。待ってるときに聴こえたPUFFYの歌も良かったんだけどな。RADWIMPSのレビューはPart1でしたので、ここでは省略。もちろんこの日の、いや3日間でベストアクトだったと思います。

9.くるり
くるりもPart1でレビューしたので省略。ハローもグッバイもサンキューも言えなくなって♪


という訳で、一言にするつもりがやはり長くなった。
二日目以降は次回ということでヨロシク

あと、RIJとは関係ないですが、久々にアクセス解析したら、ここのサイトの検索でなぜか「堤真一」がトップでした。しかも44人。なぜ、堤真一でひっかかるんだろと思ったら、「地下鉄に乗って」か〜。情報を求めてた人、しょうもないサイトですんません

今日の一曲 「Coral Reef」 the band part
[PR]

by s_kita212 | 2006-08-14 03:25 | music

ROCK IN JAPAN FES. 2006 Part.1

e0003783_23315580.jpg

行ってきました。日本最大の音楽の祭典、ROCK IN JAPAN FES.2006!

雲一つない青い空。芝生に覆われたステージの客席。時折感じる潮風。暑さに涼を与えてくれるスーパードライにポカリスエット。そして言わずもがなの最高の音楽たち。

ほんと語りたいことはたくさんあります。でも、とりあえずまずこのフェスにありがとうと言いたい。そしてこれからもお願いしますと言いたい。また絶対行きたいです。

衝撃を受けた順にレポートしていきます。

まずは、くるり。
一日目も終盤に差し掛かり、RADWIMPSのライブを終えて、WING TENTからダッシュでGRASS STAGEのあたりまで行くと、一曲目の「Tonight is the night」が流れてきた。あーいい始まりだなと思いながら、やっと後ろの方でゆっくり見ることが出来た。でもなんか様子がおかしい。岸田さんの声が出ない。。「東京」ってこんな感じだったっけな。もっともっと素晴らしい歌だったよな、と聴きながら不覚にも思ってしまった。また、「ばらの花」でコーラスを歌うベースの佐藤さんの声がいつもより大きい。そして、MCで風邪でのどの炎症を起こしてしまったことを告白。あーそうだよな、と妙に納得した後、「虹」「街」。この2曲をやるとは・・・。

この2曲は今まで聴いた中でも一番魂がこもってたし、痛々しかった。ほんと見ているこちらがきつくなってくる。そして、街の一番最後の「この街は僕のもの」というところ。このサビに入るまでにちょっとした間があった。この瞬間会場のほとんどがこのサビを歌うのかと思った瞬間、持っていたギターを投げて、さびを歌いきった。そして、早々に引き上げ、ギターの音は壊れたまま止まらない。スタッフが消して、あー終わったと思った瞬間、打ち上げられた素晴らしい花火。なんとも言えない気持ちになりました。あー岸田さんはほんとロックスターだな。くるり大丈夫かな。色々と思いながら、疲れきった体を前に踏み出しました。

岸田日記でも語ってるけど、「半分負け惜しみで、もう半分勝ち誇っています。すんごい楽しかったのだ。最後まで残ってくれた人たちありがとう。」という気持ち、十分伝わりました。そして、「夏フェスでのSalyuの天にも昇るかのような歌声が、俺を歌い手として導いてくれている」ってのにまたじーんとした。くるりはどこまでも正しい気がした(かなり個人的な意見ですが)

次に衝撃を受けたのがCocco。
彼女の歌声のあまりの透明さと巧さに感動と衝撃を受けました。特に「Raining」はやばかった。もう鳥肌が立って、目から涙が滲み出てきた。ライブでは涙とか出ないんだけど、この時はほんと感動してしまった。歌詞が染み入って、情景が目の前に浮かんできた・・・。
「それはとても晴れた日で未来なんていらないと思ってた」「髪がなくて、今度は腕を切ってみた。切れるだけ切った」「暖かさを感じた血にまみれた腕で踊っていたんだ」「教室で誰かが笑ってた。それはとても晴れた日で」

そして、「愛うらら」でもまた鼻がつーんとして、涙が出てきそうだった。Coccoも途中何度か涙ぐんでた気がする。それでも彼女は気丈に素晴らしい曲をこれでもかというくらいに歌いきった。ほんと最高だった。

3番目に衝撃を受けたのがRADWIMPS。
PUFFYやDragon Ashといった見たい歌手を諦めてでもこのバンドのライブは見たかった。会場に公演20分前に着くと、WING TENTはもうほぼ満杯状態。すでに異様な熱気に包まれてる。そこに「有心論」で少し静かに登場した彼ら。しかし、会場はもうヒートアップ。すでに熱狂状態。「セプテンバーさん」でさらにヒートアップ。会場のみんなが声を上げ、拳を挙げ、揺れている。こんな状況は今まで味わったライブでもなかなかない。「なんちって」「4645」とハードな曲は歌が曲について行ってなかったところもあったが、それでも力強く歌い上げ、頑張ってる姿は素晴らしいかった(ていうかあの曲をライブでやるのは相当難しいんだろな)。ラストの曲といって演奏された「ジェニファー山田さん」も楽しかったし、「と見せかけて、」といって演奏された「EDP」も最高に盛り上がった。

アンコールでは「最大公約数」。いやーこの曲を最後に持ってくるとはねー!
「僕は僕で君は君 その間には無限にあるはずだよ 二人だけの公約数」
RADWIMPS3のアルバムの中でも大好きなこの曲をラストに聴けてほんと感動した。RADWIMPSは衝撃では3番目だったが、RIJで一番楽しかったアーティストだったのは間違いない。

とりあえず今日はここまでにしときます。

今日の一曲 「街」 くるり
[PR]

by s_kita212 | 2006-08-07 23:19 | music

いよいよ

あさってからRIJです!否が応にも胸が高まってきます!!
明日は名古屋から夜行に乗って茨城まで行ってきます。
そして朝の一発目はおそらくSalyu。もしくはDEPAPEPE。たまらないですね。日焼けに気をつけて、存分に今年の夏を楽しんできます。

今日の一曲 「Magic Music」 木村カエラ
[PR]

by s_kita212 | 2006-08-02 22:33 | music

夏ですね!

梅雨もようやく明けそうで、忙しい時期も過ぎ、ようやく夏がやってきました!昨日、おとといは久しぶりの2連休で、心も体も大分癒された気がします。思えば6月頭から連休なかったんだな。。体重も4kgくらい減り、体脂肪率も減って大分ShapeUpされた気がします。

今年の夏は色々と楽しいことになりそうです!まずはもちろんRIJ2006!!ずっとずっと行きたかった日本最大の夏フェスに行ける幸せを噛み締めてきたいと思います。今年は大物は少ない気もするけど、RADWIMPSやチャットモンチー、SalyuにCoccoにフジファブリックと今一番聞いているミュージシャンの音楽を聴けるのがまず嬉しい。まだライブで聴いたことのないスピッツやYUI、Bennie Kなんかを聴けるのも嬉しい。そして奥田民生の一人股旅を生で聴けるのがまた嬉しい。と、考えただけでもお腹いっぱいなのです。そして、野外で音楽が聴ける。ビールでも飲みながら非日常を味わえるといった醍醐味もいいですね。天気だけには恵まれてほしいところです。

そして夏フェスが終わったら、宇多田ヒカルのライブ。平日なのですが、無理して行きます(ちょっと不安)。たまたま桑名のチケットショップに行ったら、かなり前の列の席が定価で買えたんで大満足。宇多田のライブは一回は行ってみたいと前から思ってたのです。彼女の歌声は素晴らしいもんな。「Deep River」は名盤です。

そしてそして、この夏のRIJと並んで一番楽しみなのが、
アンコールワットとバンコクへの旅
です。ずっとアンコールワットに行ってみたいという願望はあったのですが、こんな早くに行けるとは思わなかった。密林に眠る至宝、江戸時代の人が祇園精舍と間違えたほどの素晴らしい建造物、圧倒的な大きさと細やかな彫刻。これを間近で触れることが出来るのは幸せなことです。旅行期間もシェムリアップ3泊、バンコク3泊の8日間とかなりゆとりがあるので、ゆったりと満喫できそうです。バンコクではどこに行くかまだ迷い中ですが、とりあえずタイ式マッサージは一時間500円程度っぽいんで毎日でもやってもらいたいです(笑)。カンボジアもタイも料理がおいしそうなのも魅力。安くて美味しい料理やトロピカルなスイーツをお腹いっぱい食べたいですね。食中毒とかすりとか色々気をつけないと行けないことも多いですが、楽しみなこともいっぱいです!

今日の一曲 「To U」 Bank Band with Salyu
[PR]

by s_kita212 | 2006-07-31 04:34 | diary

いよいよ

World Cup始まりますね!うちもWorld Cupと共に忙しくなります。最近は普通に残業してるんですが、明日からは本格的にやばそうです。そんな中、昨日今日は大阪まで車で行ってきました。結構近いし、名阪国道がただなんで安いんだけど、さすがに疲れます。行きは高速をフルに使って2時間くらい。帰りはけちって下道をかなり通って、3時間半くらいでした。行きで高速代は2000円くらい。帰りで高速代はETC割引もあって350円。燃費は11kmくらい。ガソリン代がもっと安ければいいんですがね。

忙しい6,7月さえ終われば8月はいよいよRIJです!!初RIJに車で行って、3日間フルに行くというかなり満喫プラン。まだホテルを取ってないのが不安ですが、これを楽しみにまた明日から仕事頑張りますか!

RIJにはあととりあえず、BUMP OF CHICKEN、アジカン、レミオロメン、リップスライム、ミスチルあたり大物が発表されたら最高ですね。ただ大物が多いとどのアーティストに行くか迷うことも多くなりそうです(嬉しい悩み)。今年もMON TVでRIJの放送があるらしいですし、奥田民生はひとり股旅だし、楽しみになってきました。

今日の一曲 「最大公約数」 RADWIMPS
[PR]

by s_kita212 | 2006-06-05 00:18 | diary